人
生のヒントと転機の8章
   あなたの人生の転機を
ナビゲーションします。
【AllAbout 推薦サイト】
 HOME >転機の8章目次 >Step3 パーソナリティの把握 >>

■20答法

 20答法とは、一つのテーマについて、思いつくことを最低20書いていくものです。ここでは、「私は」「会社は」「仕事は」という言葉に続けて、夫々20以上書いていきます。
 
「私は」は、自分が最も大事にしているアイデンティティは何かを見つける糸口になります。
 
「会社は」は、自分の所属する会社に対する思いと、抽象的な“会社”というものに対する思い、また、上に挙げた自分の大事にするものとの距離などをつかむ糸口となります。
「仕事は」は、今の仕事に対する思い、仕事というものについての自分の捉え方、また、上と比較することにより、会社と仕事のどちらにロイヤリティを感じているのか、ということをつかむ糸口になります。

【次の書き出しに続けて、それぞれ20の文章を書く】
「私は」 5点評価で4,5点のものを束にしてみると、自分が何を大切にしているかを探し出す糸口になる 自分に気づく
「会社は」 上と比較すると、自分と会社との距離が見える 心理的契約の度合い
「仕事は」 仕事に対する考え方や取り組み姿勢、自分が大事にしていることが分る ジョブアンカー

■やり方のポイント
 最初は、マイナス面が沢山出てくるかもしれません。しかし、出し切った後は、でもまぁ、こういうところもあるなぁ、などと、ポツリポツリいいところも出てくるものです。気長にやりましょう。

 気長にやっていると、新たな気づきが生まれて、最初は思ってもみなかった様な事が浮かんでくるかもしれません。半年後や1年後にやると、また違う思いや考えになっているかもしれません。

 また、繰り返し3つを比較して眺めていると、自分の位置づけや方向性が見えてくるかもしれません。それが把握できれば、今与えられている環境の中で、どのようにやれるか、ともあれやってみようという前向きな姿勢が出てくるものです。

【ページトップに戻る】