人
生のヒントと転機の8章
   あなたの人生の転機を
ナビゲーションします。
【AllAbout 推薦サイト】
 HOME >転機の8章目次 >Step4 キャリアに対する考え方 >>

>プランド・ハップンスタンス概念

 「運も実力のうち」と言います。
 確かに、「こんな偶然があるんだ!」と思うような出来事を私も何度か経験しました。
 しかし、それが起こる前に、いろいろと布石を打っていましたので、そのたゆまぬ努力が偶然を産んだのだろう、とも思っています(偶然は、偶然なのですが…)。

 そのため、この
プランド・ハップンスタンス(直訳:計画された偶然→私流には、“偶然を仕掛けよう” or “偶然が起こるように布石を打とう”)という考え方を知った時は、嬉しくなりました。

「キャリアショック」(高橋俊介著 東洋経済新報社)では、どのようにすれば自律的にキャリアを築いていけるのかを、第一線で活躍する30名へのロングインタビューの結果(by 慶応大学キャリアソースラボラトリー)を基に次の4ステップにまとめてあります。
 これは、プランド・ハップンスタンスを起こすにはどうすればよいかという具体論の試みといってよいと思います。


<プランド・ハップンスタンス概念>
Planned Happenstance概念:1999年にクルンボルツ教授がカウンセリング学会誌で発表

<プランド・ハップンスタンス概念の具体論
  :自律的にキャリアを築くための4ステップ>

1.仕事を膨らませる
2.布石を打つ
3.キャリアを進める
4.キャリアを振る

 上の4ステップに当てはめながら、私の経験をお話したいと思います。

【ページトップに戻る】